さとやま探検隊 2017年02月
FC2ブログ
さとやま探検隊
満開の河津桜
2017-02-27-Mon  CATEGORY: 季節の移ろい
河津桜

元荒川の河津桜が満開になりました。
本場の南伊豆の河津桜は、予定を早めて3月1日に見に行く予定です。

トラックバック0 コメント0
名画「君の名は」
2017-02-21-Tue  CATEGORY: 私の主張
映画「君の名は」

DVDでずっと前に大ヒットした映画「君の名は」を見て感動しました。
今同じ名前のアニメが大ヒットしてますが、それではありません。

東京大空襲の時数寄屋橋で出会った男女が、もし生きていたら半年後にこの橋で合いましょうと約束して、名前を告げぬまま別れたが、愛しながらすれ違いを繰り返し、長い年月の後数寄屋橋の近くの病院で愛の誓いをたてるという長編映画です。

映画化される前の年の昭和27年にNHK連続ドラマで放映され、その時間銭湯がカラになったそうです。そして主人公の氏家真知子が、相手の本宮春樹を北海道に訪ねたとき、駅のホームで頭に巻いたストールのスタイルが「真知子巻き」といって女性の間で大流行したそうです。

アニメもいいけれど、昔の名画も見直してほしいですね。

名画「君の名は」



トラックバック0 コメント0
元荒川の河津桜
2017-02-20-Mon  CATEGORY: 季節の移ろい
河津桜

このところの暖かさを映して、元荒川の河津桜が3部咲きほどになりました。

3月6日には本場南伊豆の河津桜を見に行く予定です。

トラックバック0 コメント0
春一番
2017-02-18-Sat  CATEGORY: 季節の移ろい
春一番の天気図

17日午前10時30分、気象庁は関東地方の春一番を発表しました。
午前12時の気象庁HP提供の天気図です。

しかし、私の住んでいる鴻巣市はほとんど風なしの穏やかな一日でした。

2017年春一番

トラックバック0 コメント0
河津桜
2017-02-17-Fri  CATEGORY: 季節の移ろい
河津桜

3年前、南伊豆の河津桜を見に行った時、近くの植木屋さんで買った小さな河津桜の接ぎ木苗が成長して花を咲かせました。
友人のそば屋さんにあげたものです。

トラックバック0 コメント0
窓際のブーゲンビリア
2017-02-12-Sun  CATEGORY: 身近な風景
ブーゲンビリア

二階の出窓に置いたブーゲンビリアが満開になりました。
葉は枯れて落ちて、花だけが咲いてこれもきれいです。ブーゲンビリアの冬の楽しみ方です。

トラックバック0 コメント0
河津桜咲く
2017-02-11-Sat  CATEGORY: 季節の移ろい
河津桜

元荒川の河津桜が咲き始めました。

南伊豆の「みなみの桜と菜の花祭り」は、昨日からスタートしています。
南伊豆ではこれよりもずっと開花が進んでいることでしょう。

トラックバック0 コメント0
北風の中に呼ぼうよ春を
2017-02-10-Fri  CATEGORY: 季節の移ろい
沈丁花

今年一番の寒気、そして冬型の気圧配置で北風の強い日が続きます。
そのような中でも沈丁花は確実に開花に向かっています。
ほっとするひととき。

トラックバック0 コメント0
立春
2017-02-05-Sun  CATEGORY: 季節の移ろい
立春の空

2月4日は立春でした。
その名のとおり、温かい3月なみの気候となりました。

桜のつぼみ

元荒川の河津桜のつぼみも赤みを帯びています。

トラックバック0 コメント0
喜びも悲しみも幾歳月
2017-02-02-Thu  CATEGORY: 里山
映画「喜びも悲しみも幾年月」
20年以上も前になりますが、大晦日の紅白歌合戦に馴染めない私は、同じ時間ある民放で放映していた映画「喜びも悲しみも幾歳月」のラストシーンに感動したことがあり、もう一度DVDで見ました。

木下恵介監督 佐田啓二、高峰秀子主演。東京湾入口の観音崎灯台に始まり、北海道から九州まで日本全国の灯台を転々としながら、夫婦で助け合って灯台を守っていく物語です。特に娘が結婚し、新婚旅行でエジプトに向かう客船を、台長となって赴任している御前崎灯台から見送るラストシーンに感動します。灯台と客船との間で繰り返される霧笛の応酬にジーンときます。

この最後の灯台は観音崎灯台だとばかり思っていましたが、御前崎灯台でした。GPSの発達した今ではどうかわかりませんが、南への直線経路をとらずに、日本列島に沿って灯台を頼りに航行していたのですね。灯台の役割の大きさにあらためて気づきました。

以前はこの映画の主人公のような灯台の職員が灯台を守っていましたが、2006年12月5日の五島市の女島灯台の無人化を最後に、日本の全ての灯台が無人化されているようです。

トラックバック0 コメント0


Copyright © 2019 さとやま探検隊. all rights reserved.