さとやま探検隊 2016年10月
FC2ブログ
さとやま探検隊
コスモスフェスティバル
2016-10-23-Sun  CATEGORY: 季節の移ろい
コスモス

吹上先の荒川河川敷で開催されているコスモスフェスティバルに行ってきました。

コスモス畑

広大な河川敷にコスモスが咲き乱れています。人も大勢出ています。シャトルバウは満席。

コスモス畑

コスモス畑の中が迷路になっていて、出口を探すのが大変です。

水管橋

東洋一といわれる水管橋です。コスモスフェスティバルに合わせて、あらかじめ申し込めば昨日、今日だけ渡ることができます。橋の上からコスモス畑を見ようという試みです。

トラックバック0 コメント0
今年最後の芝刈り
2016-10-19-Wed  CATEGORY: 季節の移ろい
庭の芝

庭の芝

おそらく今年最後となると思われるので、深めに芝を刈りました。
カタバミも一緒に刈ってしまいました。芝生はこれから枯れていきますが、カタバミは冬でも成長します。そしたら、葉に散布すると根まで枯らしてしまう除草剤を散布します。こうすれば芝生にダメージを与えずにカタバミだけを退治できるのではという魂胆です。

トラックバック0 コメント0
どこまでも高い秋の空
2016-10-18-Tue  CATEGORY: 雲ノート
巻積雲

昨日のどんよりとした寒い空とうって替わって、今日はさわやかな秋の空です。どこまでも高く見えます。
秋の空特有の高いところの巻積雲が気持ちいいです。

トラックバック0 コメント0
季節は一気に晩秋の装い
2016-10-17-Mon  CATEGORY: 季節の移ろい
晩秋の景色

今朝がたからの雨も上がったが、今日は一日中どんよりとした寒空。外に出る気にもなれない。2日前の抜けるような青空はどこへやら。このまま一気に冬に突入しそうな重苦しい天気です。

上田敏の詩集「海潮音」の中のヴェルレーヌの訳詩の一節がしみじみときます。

秋の日の
ヴィオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し

トラックバック0 コメント0
芝生のやっかいものカタバミ
2016-10-14-Fri  CATEGORY: 身近な風景
カタバミ

芝生に食い込むやっかいもの、カタバミ。調べてみるとカタバミ科カタバミ属、そう言われても何のことかさっぱりわからない。他にどんな仲間がいるのだろう。
根が深くて芝生の中にツルを伸ばして食い込んで広がるから取るのが大変だ。引っこ抜くこともできないし、伸びた先からまた根を張って増える。黄色い花が咲いて実が付くと、はじけて周りに飛んで芽が出て増える。こんなやっかいなものはない。駆除としては、芝生用除草剤として売られている、広葉雑草除草剤が最も効果的のようだ。そのうち駆除しよう。

トラックバック0 コメント0
早くも木枯らし1号か?
2016-10-07-Fri  CATEGORY: 季節の移ろい
昨夜強い北風が吹いているのを夢うつつの中で聞いた。早くも木枯らし1号か?
木枯らし1号の定義について復習してみよう。

東京で木枯らし1号というのは、
1.日本海を通過した低気圧が太平洋側に抜けて、西高東低の冬型気圧配置
2.北~西北西の風
3.最大風速8m/秒以上
という3条件を満たした時です。





   画像参照:気象庁ホームページより

上は5日の天気図。台風18号から変わった温帯低気圧が日本海から日本列島を横切ろうとしています。
下は6日21時の天気図。西高東低の冬型の気圧配置です。
木枯らし1号に近い状況です。

気象庁ではまだ木枯らし1号の発表はしていません。最大風速が8mに達していなかったのでしょう。10月半ばから吹く強い北風という条件もあるようです。
昨年の木枯らし1号は10月25日。こんな季節になってきたのですね。

トラックバック0 コメント0
芝の肥料焼け
2016-10-05-Wed  CATEGORY: 身近な風景
肥料焼けの芝

芝の肥料焼けした部分、やはり枯れてきました。回復は来年夏以降でしょう。枯れた部分に周りから伸びてきて回復に向かうと思います。
迂闊でした。今まで肥料焼けしたことなどなかったので、安心して肥料を撒きましたが、後で散水しなかったのがいけなかったようです。肥料やりも注意をはらわなくては・・・

トラックバック0 コメント0
気がつけば10月
2016-10-03-Mon  CATEGORY: 季節の移ろい
キンモクセイ

道を歩いていてふとキンモクセイの香りに気がつきました。気がついたら早くももう10月です。

トラックバック0 コメント0


Copyright © 2019 さとやま探検隊. all rights reserved.