さとやま探検隊 2014年08月
FC2ブログ
さとやま探検隊
特別警報は広さは問題にしないよう改めるべき
2014-08-31-Sun  CATEGORY: 地球温暖化
気象庁では昨年から「特別警報」という仕組みを新たに始めました。
大雨の場合では、「数十年に一度の降水量が予想される場合」ということです。しかし、昨年の伊豆大島の豪雨、そして今年の広島市の豪雨では特別警報は発表されませんでした。それは、発表の基準に「広域にわたる」という広さの条件があったそうです。このような重大な災害では、広さは問題にしなくてもよいのではと思いますがいかがでしょうか。
トラックバック0 コメント0
山形県でみかん?(地球温暖化が農業に影響)
2014-08-30-Sat  CATEGORY: 地球温暖化
日本の気温が全体的に高くなっている。その影響が農業にも広がっている。
普通、米は半透明で耀いているが、白い部分ができてくる「白未熟粒」が多くなる。白く濁った米になるのだ。
リンゴは色づきが悪くなり商品価値が下がるという。
みかんも「浮き皮」という、実と皮が離れてしまったり、日焼けする現象が起きている。みかんの産地では、主流であった「温州みかん」から、暑さに強い品種に切り替えるところがでてきている。
山形では特産のサクランボが日焼けして商品価値が下がってしまう。一方富良野でサクランボ畑ができ始めているという。山形では、サクランボの代替としてみかん栽培の試みが始まっているようだ。
このように日本全体で農産品の産地が北に移動している。
漁業でも、今年はサンマが不良で1匹300円と高騰していて、とても庶民に手の届く魚ではない。そのうちサンマも高級魚になってくるのだろうか。
トラックバック0 コメント0
涼しい日はツクツクホウシも静か
2014-08-27-Wed  CATEGORY: 関連記事
このところ涼しい日が続いている。ツクツクホウシの声が聞こえない。ここぞという時のためでしょうか、時々遠くで発声練習が聞こえる程度です。ツクツクホウシも気温が下がると意欲がなくなるのでしょうか。人間はこれくらい涼しい方が快適なんですが。
トラックバック0 コメント0
アリ撃退にワックスがけがよい
2014-08-26-Tue  CATEGORY: 関連記事
最近家の中にアリが侵入して困っていました。追い払っても追い払っても懲りずに入ってきます。

家のフローリングのワックスも1年以上かけていませんでしたので、思い切って一日がかりでワックスをかけました。床はピカピカになり、気持ちよくなります。
さらに大きな効果は、アリの侵入が止まったことです。これは意外でした。
ワックスをかけることにより、ワックスの匂いのために今まで通っていたアリ道がわからなくなったのでしょう。しばらくは侵入してこないでしょう。また侵入してきたら、インターネット検索で知ったホウ酸を試してみましょう。
トラックバック0 コメント0
広島の豪雨も別の意味での人災
2014-08-23-Sat  CATEGORY: 私の主張
広島市の集中豪雨が大変な状況にあります。昨年は伊豆大島でも集中豪雨で大きな被害もでました。その前の年は九州北部の豪雨と、温暖化による異常気象の被害は拡大している。これでも日本は化石燃料による発電を加速している。再生可能エネルギーの拡大は一向に見られない。被害は拡大するばかりだ。
こういう時だから原子力発電に目を向けるべきなのに、原子力にたいして冷静に考えられる人がいない。
トラックバック0 コメント0
何が見える?未来が見える?
2014-08-20-Wed  CATEGORY: 関連記事
日本の技術を結集した直径30メートルの反射望遠鏡が2021年ハワイにできるそうだ。
今までの反射望遠鏡で一番大きいものが、やはりハワイにある日本製のすばる望遠鏡。8.3メートルの一枚の鏡でできている。新しい望遠鏡は500枚の鏡を組み合わせたもので、すばる望遠鏡の13倍の光を集めることができるという。
いったい何が見えるのだろう。未来が見えたらいいのだが、残念ながら過去しか見えない。ただし地球が誕生したころのとてつもない過去が見えるのだという。この分野で日本の技術はたいしたものである。
トラックバック0 コメント0
もう一度ひぐらしの声を聞きたい
2014-08-18-Mon  CATEGORY: 身近な風景
私の自宅の周辺でも蝉の声は聞こえます。
昼間はアブラゼミとミンミンゼミがうるさいほど、そして夕方になるとツクツクホウシがあわただしいように競演しています。私にはツクツクホウシが「ツクツクホウシ」に聞こえません。「ホーーシンツクツクツク」を12回~15回繰り返した後で、エンディングは「オジジョース、オジジョース、オジジョース」です。2回にはしょる蝉もいます。蝉にも個性があったり、その場の状況によって使い分けているのでしょうね。

それにしてもあれからヒグラシの声を聞きません。もう一度ヒグラシの声を聞きたい。ヒグラシは里山の象徴ではないでしょうか。
トラックバック0 コメント0
ひぐらしは夏の終わり
2014-08-15-Fri  CATEGORY: 身近な風景
昨日夕方と今朝、ひぐらしの鳴いているのが聞こえました。なつかしい音です。そういえばここに来てひぐらしを聞いたのは初めての気がする。田舎ではひっきりなしに鳴くのが聞こえたのですが。
もう秋ですねえ。ひぐらしを聞くと、夏の終わりを感じます。
トラックバック0 コメント0
やさしいろうそくの灯り
2014-08-14-Thu  CATEGORY: 身近な風景
ろうそくの灯り
お盆です。
たまにはこんな軟らかい光の中でお酒を飲むのもいいですね。
トラックバック0 コメント0
富岡製糸場世界遺産登録に導いたもの
2014-08-09-Sat  CATEGORY: 世界遺産
富岡製糸場
今年6月21日に富岡製糸場が世界遺産に登録されましたが、登録の成功に導いたものは「コンセプトの変更」にあったという。
これまでは、「日本の近代化に貢献」をコンセプトに申請をしてきた。しかし、諸外国にとって「日本の近代化」なんて興味がない。まだ日本を知らないという人たちもいるくらいだ。
そこで、「日本の絹が世界を変えた」ことに視点を変えて、「日本の絹産業の発展に貢献」というコンセプトに変えた結果、世界遺産登録が決まったということだ。明治時代の日本の絹製品は良質なもので、世界に知れ渡っていたそうだ。確かに「絹」であれば世界の注目を引く。
したがって正式名称は「富岡製糸場と絹産業遺産群」。

富士山も正式名称は「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」。ごみの多い富士山だけでは登録の対象とならない。信仰や芸術を加えることで、自然遺産ではなく文化遺産として認められた。
トラックバック0 コメント0


Copyright © 2019 さとやま探検隊. all rights reserved.