さとやま探検隊 2014年07月
FC2ブログ
さとやま探検隊
隅田川花火大会
2014-07-27-Sun  CATEGORY: 身近な風景
7月最後の土曜日は、隅田川の花火大会。今年は26日になります。
昨年は、花火が始まるとすぐに強い雷雨に見舞われて中止となりました。今年は大丈夫そう。

花火見物
浅草に行ったら人込みで身動きできないので、今年も上の公園から見ることにしました。
6時30分、見物客が集まりだしています。

花火見物
7時になると、こんなに集まってきました。
報道ヘリコプター
上空にも報道のヘリコプターがひっきりなしに飛び交っています。

隅田川花火
7時30分、ようやく花火大会が始まりました。
残念ながら、ビルに阻まれてこの程度。右側の高いビルとビルの間です。
これは、下流の会場です。上流の会場の花火は、左隅のビルの横に見えました。
トラックバック0 コメント0
それにしても暑い!
2014-07-25-Fri  CATEGORY: 身近な風景
ミーコ
いやー暑いですねえ。猫ちゃんもぐったり。それはそうでしょう、毛皮被ってるんですもの。
少しはひんやりする机の上がいいみたい。
トラックバック0 コメント0
時には山小屋気分に浸るのもよい
2014-07-24-Thu  CATEGORY: 里山
ランプ

たまにはランプを灯して、ワインなど飲みながら山小屋の気分を味わうのも悪くないですね。
これを見ていると、米山正夫の名曲「山小舎の灯」が聞こえてきます。

♪黄昏の灯はほのかに点りて
♪懐かしき山小舎は麓の小径よ
♪想い出の窓により君を偲べば
♪風は過ぎし日の歌をば囁くよ

いい歌です。

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製

新品価格
¥3,780から
(2014/7/25 07:44時点)


トラックバック0 コメント0
大暑、暑いですねえ
2014-07-23-Wed  CATEGORY: 関連記事
真夏の太陽
昨日梅雨が明けたと思ったら、もう今日は二十四節気の大暑。一年でいちばん暑い時期に突入しました。
ごらんのように太陽もギンギラギン、暑いです。
トラックバック0 コメント0
いよいよ本格的な夏
2014-07-22-Tue  CATEGORY: 身近な風景
葦
ようやく梅雨が明けました。いよいよ本格的な夏です。
こうして見ると水辺の葦も涼しげです。
トラックバック0 コメント0
原発再稼働評価は冷静に
2014-07-17-Thu  CATEGORY: 私の主張
放射能と理性

九州電力川内原発が再稼働の見通しとなりました。しかし原発再稼働反対派はいぜんとして多いのが現状です。
反対派の中には、とにかく原発はけしからん、何がなんでも反対だというように冷静に判断できない人も多いようです。冷静に考えてみるべきです。私は、福島原発を教訓に作られた厳しい審査基準に合格した原発なら再稼働に賛成です。

そもそも原発建設が推進されたのは何のためだったでしょうか。火力発電所から大量に排出される二酸化炭素等による地球温暖化を食い止めるためだったのではないでしょう。確かに3年前の巨大地震による大津波で福島原発が破壊され、甚大な被害を被ったことは事実です。しかし大津波は想定外のことでした。どの原発も地震対策は十分に行われていたと思います。巨大地震で福島原発の原子炉が破壊されたかどうかは検証しようがありませんが、これよりはるかに震源に近い女川原発の原子炉は破壊されていなかったことから、福島原発も原子炉破壊はなかったと考えてよいでしょう。

福島原発の破壊は想定外の津波によって引き起こされたものです。地震に対してはこれまでも十分な検討がなされて設計されていると思います。反省点は大津波に対する想定が甘かったということです。その反省を踏まえて、厳しい基準を作り、この基準に合格した原発を再稼働することは当然のことです。どのように厳密な対策をとっても、リスクがゼロにはなりません。これで原発が絶対に安全であるという保障はありません。しかしリスクは極めて低くなっています。あと考えられる想定外の危険は、隕石が原発を直撃することくらいでしょう。この確率は極めて低いです。

それより差し迫った問題は、地球温暖化による異常気象です。最近頻繁に起きている異常気象、巨大台風・巨大竜巻の発生を食い止めるのが急務です。原発の稼働を中止することによって増加しているのが火力発電所です。温暖化ガスは前にも増して増加しています。その結果が現在の異常気象です。前回の衆院選では原発再稼働が論点となり、石原慎太郎氏など反対派は、今でも経済が回っているじゃないかと言っていますが、それは火力発電所の稼働を再開したことによるということがわかっていないようです。

原発ゼロにして、水力、風力、地熱、太陽光といった自然エネルギーに切り替えろという議論がありますが、これも今すぐに切り替えられる段階にありません。現段階ではコストが高い上に、水力、地熱を除いた他の資源は安定供給が難しいのが問題です。大量に発電するためのインフラ整備はこれからです。すべてを自然エネルギーに切り替えることができたとしても、それは30年~50年先になるでしょう。それまで化石燃料を燃やし続けていたら、地球は灼熱地獄となって住めない星となっているでしょう。

原発反対派の多くの人が、放射能の人体にたいする影響が放射線の量に比例すると考えているのではないでしょうか。実際には、影響はあるレベルまではほとんどなく、そのレベルを超えると急激に人体に影響をし始めることです。これは科学の常識です。このことが冒頭の写真に掲げた本に理論的に展開されています。3年前の原発事故のあった年に発行されたものです。原発反対派はぜひ一度読んで冷静に考えるべきです。

炉心のメルトダウンが始まった時、政府は放射線量の暫定基準を決めて、基準以上の地域の住民を強制避難させました。明確な根拠のない基準に従って強制避難させられたのです。この時の暫定基準が、人間に影響を及ぼし始めるレベルのはるか下の値だったとしたら、これは自然災害ではなく人災です。本来避難しなくてもよかったのに強制避難させられて、不自由な避難生活を余儀なくさせられたのですから。この時の基準が低すぎる基準であったことも上の本に書かれています。
トラックバック0 コメント0
今年の夏は扇風機
2014-07-13-Sun  CATEGORY: 身近な風景
扇風機
今年はほとんど一日中家にいることが多くなる。クーラーの電気代が高くつくので、扇風機を買うことにしました。
インターネットで検索すると手頃なのがありました。これで2,380円(送料込)。微風はありませんが、弱風でも音が気にならない。安い買い物だと思いませんか。
トラックバック0 コメント0
台風一過
2014-07-11-Fri  CATEGORY: 身近な風景
台風一過
ご覧のような青空です。暑くなりました。このあたりでも35度近くなった様子。
トラックバック0 コメント0
嵐の前の静けさ?
2014-07-11-Fri  CATEGORY: 身近な風景
外の風景
曇ってはいますが穏やかな朝です。
台風8号が近づいています。嵐の前の静けさでしょうか。
<訂正>
と思いきや、台風は通り過ぎていました。一安心。
トラックバック0 コメント0
久しぶりに雲を見る
2014-07-08-Tue  CATEGORY: 身近な風景
今日の雲
久しぶりに雲を見ました。沖縄地方では巨大な台風で大変なことになっているようですが、こちらはまだこのように穏やかです。この雲も天気が悪くなる前触れでしょう。
気象予報士の勉強をしていたころは、時々空を見ることもありましたが、最近下ばかり見ていて雲を見る余裕がなくなっていた。いけない、いけない、もっと上を見なければ・・・。
トラックバック0 コメント0


Copyright © 2019 さとやま探検隊. all rights reserved.